相続関係に強い税理士を探すのに役立つ税務関連情報サイト

税理士を含む相続相談ができる職種

相続相談が可能な職種

相続には相続税をはじめ、税金も関わってくることから税金関連業務のエキスパートである税理士は相続相談を行うにあたって有力な候補の一つですが、相続相談は税理士の独占業務ではないため、税理士以外にも相続相談が可能な職種は少なからずあるのです。

税理士以外の相続相談が可能な職種としては、弁護士・公認会計士・司法書士・行政書士がありますが、弁護士が法律のエキスパートとして、公認会計士は財務のエキスパートとして、それぞれ税理士の上位互換的な存在であり、司法書士は裁判と登記のエキスパートで、行政書士は公的書類作成のエキスパートであることから、職種ごとに得手不得手があることを踏まえ、相続問題の争点に応じた、最適な相談相手をお選びください。

税理士と類似職種の関係性

税理士は税務におけるエキスパートであり、税務関係の相談に適した職種であることは間違いありませんが、税務に限らず税理士の扱う業務は税理士の独占業務ではありませんので、税理士以外にも税務を扱うことができる職種があります。

具体的には弁護士・公認会計士・司法書士・行政書士が、税理士に類似した側面を持つ業種であり、法律全般のエキスパートである弁護士は当然ながら税務も包括し、財務のエキスパートである公認会計士も税務を包括していることから、実質的に税理士の上位互換と言って過言ではなく、裁判と登記のエキスパートである司法書士と公的書類作成のエキスパートである行政書士は、税理士と業務の一部で相互互換性を持っていると言えるでしょう。


この記事をシェアする