相続関係に強い税理士を探すのに役立つ税務関連情報サイト

税理士への無料相談を利用しよう

税理士と相続相談

被相続人から相続人として遺産を相続するにあたり、直系卑属かつ遺言状に不備がなく、遺言状の内容に直系卑属から異存が出ていないのであれば、遺産相続自体をスムーズに済ませることは、できなくはありませんが、仮に遺産相続そのものに問題がなく相続人の間でトラブルが発生していなくても、税理士に相続相談した方が良い場合もあるのです。

例えば、遺産相続に際し、遺産の総額が3600万円以上の場合、相続税が発生しますが、税金の専門家である税理士への相続相談で節税や免税ができる場合がありますし、遺産の総額が3600万円以下の場合でも、遺産の中に節税や免税の余地があるものが含まれている可能性があるため、遺産がわかりやすい現金と預貯金のみであり、総額が余程少ない場合を除き、税理士への相続相談で節税や免税が見込める余地があります。

無料相談を税理士探しの参考に

節税や免税といった観点から遺産の総額が大きければ大きい程、税理士に相続相談することが望ましいのですが、税理士に相続相談を行っても、遺産総額が同じでありながら、節税及び免税できる金額に差がつく場合があり、その金額差も数十万円どころか数千万円まで開きがあることから、相続相談を行う税理士の選定は非常に重要となるでしょう。

相続相談をする税理士を探す際に参考にできるものの一つとして、無料相談が挙げられ、税理士による無料相談は、集客による新規顧客を狙ったものであり、無料相談での回答自体はテンプレートなものであるものの、無料相談で扱う相談内容は相談を受ける税理士が得意としている分野であることが多いため、相続に強い税理士を探すための指標にできるのです。


この記事をシェアする