相続関係に強い税理士を探すのに役立つ税務関連情報サイト

相続関係に強い税理士の特徴

そもそも相続とは

遺産相続をご存じない方はほとんどおられないかと思いますが、実際に相続経験がなければ、何となく遺産を受け継ぐ程度の認識であっても不思議はありません。

相続の基本定義は、被相続人が死亡した当日以降、相続人が被相続人の財産や財産の権利義務といった遺産を受け継ぐことであり、一般的に相続人となるのは法定相続人である配偶者や子どもといった被相続人の親類縁者で、相続人は被相続人から財産や財産の権利義務を受け継ぐことができますが、相続人が被相続人から相続する際、借金や負債、損害賠償責任なども受け継がなければならず、場合によっては相続した財産がマイナスになることもあり得るため、相続は相続人にとって必ずしも利益をもたらすわけではないのです。

相続問題の一般例

基本的に相続における優劣は民法によって定義づけられており、直系卑属にあたる配偶者や子ども、孫が第一順位、直系尊属である父母や祖父母が第二順位、傍系卑属にあたる甥や姪を擁する兄弟姉妹が第三順位となっていることから、一見すると相続上の問題は生じにくいように見えるかも知れませんが、直系卑属でも子どもの人数が多ければ多い程、相続できる遺産は分割されていきますし、遺産が現金や預貯金といった金銭や有価証券のように現金化しやすく、等分が容易な財産ばかりでない限り、相続問題が生じる可能性があります。

加えて、被相続人が生前、相続に関する正式な遺言状を残していた場合、相続に際し遺言状の内容が反映されるため、遺言状に起因し相続問題が発生することは多々ありますし、逆に遺言状がなかったがために相続問題が拗れることもあるでしょう。


この記事をシェアする