まずは無料相談から!相続関係に強い税理士を探すときのポイント

相続関係に強い税理士を探すのに役立つ税務関連情報サイト

相続と一般的な相続問題

相続において、相続税が生じる3600万円以上の相続を被相続人から受け継ぐ相続人の場合、相続税の申告次第で相続税に数十万円から数千万円の差が生じることを踏まえると、相続する遺産に含まれる財産額が高ければ高い程、節税や免税の効果は顕著に表れるため、基本的に税理士へ相続相談をすることが望ましいでしょう。

ただし、税理士は税務のエキスパートではあるものの、税務の代理・税務書類の作成・税務相談・会計業務といった税理士業務を満遍なく得意としているわけではなく、税理士によって得意とする業務には違いがあるため、相続相談をする税理士を選ぶ際に相続を苦手とする税理士を選んでしまうと、折角、税理士に相続相談をしても、節税や免税が十分に受けられないかも知れません。

つまり、相続相談を目的に税理士を選ぶ場合、相続関係に強い税理士を選ぶことが望ましいわけですが、相続関係に強い税理士の特徴としては、相続関係を専門としていることが真っ先に挙げられ、これ以外に事前に適性金額を調べた上で提示された金額が適正範囲内であること、可能な限り業務実績を確認することが挙げられます。

加えて、無料相談を行っていれば、無料相談時の税理士の対応が相続相談時の税理士の対応の目安となるため、積極的に無料相談を利用し、相続関係に強いことはもちろん、不安なく大金の命運を委ねることができ、気兼ねなく相談できるようにフィーリングの合う税理士をお探しください。